医療・介護のこと(認知症ケアパス)

認知症の種類について

認知症にはどのような種類がありますか?
認知症はその症状や原因となる病気でいろいろなタイプに分けられています。この項目では頻度の高い認知症について、病気がどのように起こってくるか、また病気の特徴について簡単に説明します。治療については「治療について」を参照してください。
 
アルツハイマー型認知症
原因) 脳にβアミロイド、リン酸化タウという物質が長い時間をかけて蓄積し、徐々に神経細胞が死滅することで生じます。日本の認知症高齢者の原因として最も多く、半数以上を占めています。
特徴)
  • もの忘れが目立つことが多い
  • 何度も同じ事を言ったり聞いたりする
  • お金の計算ができなくなる
  • 慣れている道でも迷ってしまう
  • 徐々に悪化する
 
レビー小体型認知症
原因) 脳にαシヌクレインという物質が蓄積して発症します。
特徴)
  • ありありとした幻視(実際にはないはずのものが見える)
  • 転びやすい、歩きにくい(パーキンソン症状)
  • 1日の中でも良いときと悪いときがある
  • 寝相が悪い、寝言が大きい
       ※(どの症状が目立つかは人によって違います)
 
血管性認知症
原因) 脳の血管が詰まったり(脳梗塞)、破れたり(脳出血・くも膜下出血)することで神経細胞が壊れて発症します。
特徴)
  • 神経細胞が壊れた場所によって症状が異なる
  • 麻痺を伴うことがある
  • 脳出血や脳梗塞が起きる度に悪化するため、階段状に悪化する
 
前頭側頭型認知症(ぜんとうそくとうがたにんちしょう)
①    行動障害型(こうどうしょうがいがた)前頭側頭型認知症
②    言語障害型(げんごしょうがいがた)前頭側頭型認知症
原因) 脳の前頭葉と側頭葉が徐々に萎縮することで発症します。
特徴)
  • 抑制がきかなくなる、マイペースになる(①)
  • 同じ行動をくりかえす(①)
  • ことばがわかりにくい(②)
  • 若年期の発症が多い(①②共通)
  • もの忘れが目立たない(①②共通)

一覧へ戻る

ページトップ